1. TOP
  2. 会社情報
  3. 企業理念・CSR

会社情報

マリンフーズグループが目指すもの

企業理念

1.わが社は、「食べる喜び」を基本のテーマとし、時代を画する文化を創造し、社会に貢献する。

2.わが社は、従業員が真の幸せと生き甲斐を求める場として存在する。

CSRの5つの重要課題

ニッポンハムグル-プ(※)は、企業理念を経営の根幹とし、ステークホルダーとの対話を大切にしながら、コンプライアンスを基盤に5つの重要課題を中心にCSRを推進しています。マリンフーズグループも、社会とともにこれらの課題に取り組むことが、持続可能な開発目標(SDGs)の実現と持続可能な社会の構築につながると考えています。

※マリンフーズは、日本ハムのグループ会社です。

CSRの5つな重要課題と貢献するSDGs

マリンフーズグループのCSR活動状況

安全・安心な食品づくり

ISO9001認証取得

東京本社では、2019年10月にISO9001認証を取得しました。

また、さまざまな研修制度を実施し、従業員の品質管理に関する資格取得を推奨しています。

●食品表示検定 有資格者数 上級10名、中級23名、初級1名。

●FSSC22000審査員補 有資格者5名。

アイコンをクリックすると拡大して表示します。

つくる責任つかう責任

従業員が生き生きと活躍できる職場

コンプライアンス活動による職場風土の改善

毎年テーマを掲げてグループ全従業員でコンプライアンス活動に取組んでいます。

●活動テーマ

 2019年度:『お互いを思いやり』誇れる職場を目指して

●活動状況

 コンプライアンス大会 1回/年(2019年度:1,092名参加)

 コンプライアンス推進委員会 4回/年 コンプライアンス職場会 約6回/年

働き方改革

所定労働時間内における労働生産性を向上させるべく、様々な課題に取組んでいます。

●RPAを活用した資料作成・配信業務の自動化

●社内における申請業務の電子化

●「ノー残業デー」の実施

アイコンをクリックすると拡大して表示します。

働きがいも経済成長も

将来世代の食の確保

養殖事業への取組み

国内における本鮪養殖や、ベトナム・タイにおける海老養殖に取組んでいます。

アイコンをクリックすると拡大して表示します。

飢餓をゼロに

地球環境の保全

CSR調達の推進

当社調達部門担当者と日本ハムCSR担当者が仕入先に対してニッポンハムグループのCSR調達方針・ガイドラインについて説明し、サプライチェーンとしてのCSR推進にご協力頂いています。

2018年度:6社 2019年度:17社(予定)

事業所設備のLED化、ハイブリッド車両への切替

事業所設備については、マリンフーズ自社物件は2019年3月でLED化を完了し、自社物件以外も順次切替を行っています。車両(営業用途のみ)については2020年度中のハイブリッド車両への切替を計画しています。

アイコンをクリックすると拡大して表示します。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

気候変動に具体的な対策を

海の豊かさを守ろう

Nipponham Group 人輝く、食の未来
Copyright c 2015 The Marine Foods Corp. All right reserved.